成約件数No.1/介護専門のM&A仲介サービス

介護事業の売却または買収をお考えの方は、お気軽にお問合せください。

M&Aの流れ

経営戦略を成し遂げる
手法として

当社は、介護業界最大級の商談型展示会CareTEX(ケアテックス)を主催しています。

また、介護用品の通販サイトの運営や、介護事業所向け各種マッチングサービス等、介護業界における様々な課題を解決してきた結果、 介護事業の「譲渡・売却」「譲受・買収」のご相談も多く寄せられるようになりました。

そのご相談にお応えする形で、介護のM&A事業を運営するに至り、2018年7月現在まで171件の成約実績を実現するに至りました。

比較的、小規模な事業が多い介護業界のために、業界最安水準の成功報酬を実現。貴社の経営戦略を、M&Aを通して支援いたします。

お問い合わせ

まずはお気軽にご連絡ください。
貴社がどのような施設・事業所を、どのエリアで譲り受けたいのか、お伺いいたします。

匿名概要書(ノンネーム)のご提示

ご希望の施設・事業所、エリアの売却案件を、まずは匿名の概要書でご提示させて頂きます。
貴社の条件に合致するか、ご判断をいただきます。

秘密保持契約の締結

M&Aは秘密を厳守しなければなりません。
そのため、当社との間で秘密保持契約を締結させていただきます。

詳細資料の送付

秘密保持契約の締結後、具体的な検討のため、詳細な資料をご提供いたします。

トップ面談

詳細情報のご確認後、案件を前に進めて頂ける場合、売り手企業とのご面談機会を設定させて頂きます。
詳細資料についてのご質問や、企業風土や経営に対する想いをご確認頂きます。
施設・事業所の見学は、このタイミングで行われることが一般的です。

意向表明・基本合意

トップ面談の後に、譲り受けのお気持ちが固まった場合、「価額・スケジュール・諸条件」をどのように考えているかを記載した、意向表明書をご提出いただきます。
複数の買い手候補より意向表明があった際には、どの買い手候補に売却をするのか、このタイミングで決定され、諸条件を定めた基本合意を締結いたします。

買収監査
(デューデリジェンス)

ご提出いただいた資料が適切かどうか、判断する検証を行います。
主には、財務・法務・労務が中心となります。公認会計士、弁護士への依頼を掛ける事が多いです。

最終条件の調整・
譲渡契約の締結

買収監査の後、最終的な条件を踏まえた譲渡契約を締結いたします。

従業員や関係者のご説明

今まで事業を支えてくれた従業員や関係者への譲り受けの説明はとても大切です。
なぜM&Aを検討したのか、また、なぜ譲り受けを行うのか、丁寧にご説明いたします。
経験豊富な当社が同席し、円滑な説明を行わせていただきます。

譲渡実行

買収価額のお支払いは、この際に行われます。
当社の報酬も、このタイミングで初めて発生いたしますので、ご安心ください。

Page Top

それぞれの専用フォーム、
またはお電話( 0120-377-051 0120-377-051 )より
お気軽にお問合せください。